脂肪吸引の基礎知識 TOP > 脂肪吸引箇所 >  顔、背中の脂肪吸引

顔、背中の脂肪吸引

【顔】

顔が太って見える原因として、頬やアゴの下についた脂肪があることなどがあり、悩んでいる方もいらっしゃると思います。

顔の脂肪吸引は、この部分の脂肪を除去することで、タプッとしている顔のラインがすっきりとすることになると思います。

脂肪吸引の方法は、頬の場合は耳の後ろから、アゴの場合はアゴのシワから数ミリ切ってカニューレを挿入し脂肪を吸引します。

どちらにしても傷は目立たなくなるまで回復します。

施術そのものは30分程度と比較的短いですが、術後およそ1週間ほどは腫れてしまいますのでその点は理解しておいた方がいいと思います。

【背中】

背中は肩甲骨の下あたりに脂肪が付きやすく、下着などで締め付けられると食い込むような見た目になってしまいます。

また年齢を重ねるとなかなかダイエットをしてもとれにくいと言うのが現状です。

脂肪吸引をする際は、下着で隠れる場所に傷をつけて脂肪を吸引します。

ですから傷痕も目立たないと思います。施術時間は30分~1時間位と短いです。

吸引後はしばらく腫れてしまいますのが、腫れが引くと背中もすっきり見えるようになり、水着など背中が開いているものも自信もって着られるようになるかもしれません。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 脂肪吸引の基礎知識. All Rights Reserved.