脂肪吸引の基礎知識 TOP > 脂肪吸引箇所 >  頬・まぶたの脂肪吸引

頬・まぶたの脂肪吸引

顔がふっくらしてるとか、、頬がたるんでいるなど、顔について悩んでいることはあるかもしれません。

特に頬がたるんでいると、年齢より老けた印象を与えることもあり、さらに悩んだりすることも。

そこで効果的なのが頬の脂肪吸引です。

頬の脂肪を取ることでたるみを解消でき、スッキリとした印象を与えることができ、さらには年齢より若い印象に見える可能性もあるため、若返り効果があるとも言われています。

また、まぶたも脂肪吸引ができる箇所です。目が腫れぼったくなっている人に有効な吸引だと思います。

手術自体は比較的簡単で、まぶたのラインに沿って数ミリ程度切り、そこからピンセットで脂肪を除去するという施術方法を取ります。

傷は数ミリのものなので基本的には後が目立たなくなるはずです。

また手術後の縫合も基本的には行いません。(ただし例外は除きます)

ですが、何よりも心配なのは「失敗しないか?」ということですよね。

頬の脂肪吸引に限らず、脂肪吸引の仕上がりの度合いは医師の技術次第だと言っても過言ではありません。

経験、知識、技術がある医師が施術してくれるのであれば失敗を心配する必要はほとんどないかもしれませんが、そうでない医師が施術すると逆に頬がたるんでしまったり、老け顔になったりという失敗をする可能性が高くなってきます。

また、不安の一つに「傷が残らないか?」ということもある思います。

しかし、顔の脂肪吸引の場合は目立たない場所にメスを入れるので、傷口を心配する必要はないと思います。

実際に頬の脂肪吸引をした後は、しばらくの間腫れてしまうので、腫れを防ぐ、または顔のたるみをおさえるためにテーピングをする必要があります。これをすることで頬の引き締め効果を期待することが可能です。

テーピングをするのは通常2~3日ほどですから、施術するときにはそのことも頭に入れておくようにしましょう。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 脂肪吸引の基礎知識. All Rights Reserved.